2022-01-14

成人式は、一世一代の晴れ舞台。

今年のビジュアルNo.1との呼び声が高い青年

毎年話題になる、北九州市の成人式。
今年も1/9、北九州メディアドームで行われました。
新成人の皆さん、本当におめでとうございます。

式の翌日、テレビや新聞、ネットニュースでは
こぞってド派手なヘアスタイルや衣装でおめかしした
新成人たちの姿を紹介していました。

数年前、この手のニュースを初めて見た時は
「全国の人に、北九州が変な街だと思われてしまう…」と
眉をひそめて見ていたのですが、
去年、考えを改める出来事がありました。

北九州市の「ケンセツ男子女子」というサイトで、
建設業に従事している若者たちを取材しているのですが、
とある工場でまじめに働く19歳の青年に『今後の目標は何ですか?』
と尋ねたところ『自分の成人式を成功させることです!』と、
一瞬の迷いもなく答えたのです。

一年後の成人式のために髪を伸ばし
どんな衣装にするか…友人と構想を練る時間がとても楽しいと語り、
仕事が辛い日は、成人式で輝く自分を想像しながら
モチベーションを上げている、とも。

聞いた時は意外な返答に面食らいましたが、
目を輝かせた青年は、まるで結婚式を控えた花嫁のよう。
彼にとって成人式は、
きっと「一世一代の晴れ舞台」なのですね。

冷静に考えると、北九州の新成人はド派手な格好をして話題にはなるものの、
車を乗り回して暴れる、喧嘩をする、など、人様に迷惑をかけるような
悪いことをしている訳ではありません。

思う存分に自分をアピールできる舞台で
気の置けない同級生と共に
記念日の思い出づくりを全力でしているだけなんだ…!と
初めて納得できました。

取材した青年同様、金銭面でも親に頼らず
仕事やアルバイトでコツコツ貯金し、
雅な衣装やアイテムを調達する子もいるそうです。
令和の時代に、そんな泣ける話があるなんて。
コロナ禍で式が中止にならず、本当に良かったです。

そして今年の成人式では、個人的に驚いたこともありました。
メンズ部門で、おそらく一番目立っていた、
レインボーのリーゼントにレインボーのファーをまとった青年は、
なんと私の同級生(=飲み仲間)の息子でした(笑)。

やんちゃだった時期もあったと聞いていたけど、
今は仕事で汗水流し、お父さんと一緒にまじめに頑張っています。

「いろんな媒体で息子を見たよ!」と、レインボー君の父親に連絡をしたら、
「もー、最悪やろ」と苦笑いしながらも、数枚の写真を送ってくれました。

一方、来年成人式を迎える我が家の長女。
振り袖を着るのか尋ねると

『うーん、どーしようかなー。別に着らんでもいいんやけど…
ま、友達がどうするのか聞いてみる〜』と
成人式には特に何の思い入れも無い様子。

こだわりもなく、あまりに無気力な我が子に
『もっと気合いを入れて自己主張してもいいんじゃない!?』と
眉をひそめてしまう私がいます。

(谷口)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。